にきびとニキビ痕治療

にきび・にきび痕

eマトリックスを導入し多くの患者さまが効果の高さと早さを実感されています。                   
eマトリックスはフラクショナルRF(RFは高周波)と言って、ニキビ跡の中でも特にクレーター、毛穴開き、赤みにとても効果的です。
クレーター治療はほんとに難しいですが、eマトリックスは大変優れています。

ニキビとは........

ニキビ(尋常性ざ瘡)の中でもとても治りにくく繰り返す顎・口周囲にできるにきび。

一般に「大人ニキビ」と呼ばれているにきびです。

 

この「大人にきび」になりやすい人には特徴があります。

1、女性も男性ホルモンを分泌しており肌に作用します。

この作用が強いと皮脂量が増えます。

(稀ですが多のう胞性卵巣の方にも男性ホルモンが増え「大人にきび」になることがあります)

 

2、毛穴出口部分の角質が剥がれにくいという肌質「角化異常」を持ち、

古い角質が厚く詰まった状態となっています(コメドやめんぽうと呼ばれます)。

 酸化した皮脂が角化を悪化するよう作用しています。

 

3、にきびになる方たちには共通して保湿不足があります。

保湿不足は肌のバリア機能を低下させ菌の増加や炎症の悪化を引き起こします。

 

ニキビ菌は出口の塞がった毛穴の中で増えていきます(赤にきび、丘疹と呼びます)。

毛穴内に次第に白血球が集まってきてその結果活性酸素が産生され、

大量の活性酸素は毛穴の壁を破壊し毛穴周囲に炎症を広げます(膿ほうと呼びます)。

 

にきびは治療せず放置すると跡を残します。

色素沈着(シミ)、赤み、凹凸(クレーター)、毛穴開きなどです。

 

にきびやにきび跡には 保険治療と保険外治療があります。

「大人にきび」は体質・肌質の改善の両面の治療が必要です。

 

 

にきびの保険治療

保険で漢方薬が投与できます。

漢方薬は根気がいりますが継続することで徐々に体質が変化していきます。

当院ではにきび向けの10種類ほどの漢方薬の中から、男性ホルモンの作用を抑える作用を持つ漢方薬を中心に投与します。

 

 

抗生物質は一時的な効果でしかありません。

内服の抗生物質はひどい時だけとし長期で服用しつづけないようにしましょう。

 

保険では、さらに内服薬(ビタミン剤、抗炎症剤など)と塗り薬(抗菌剤、抗炎症剤、毛穴出口の角化を改善し詰まりを取り除く外用薬)があります。

毛穴出口の詰まりに作用する塗り薬は効果が出るまで2ヶ月ほどかかります。

 

処置としてコメド圧出(専用器具で毛穴に詰まった角栓を取り除く)や膿んだにきびの排膿は治癒を早めるため行っております。

 

なかなか改善のみられないケースや難治なケースの場合、女性では男性ホルモン値の検査を行います。

数値が高い場合は保険外治療を取り入れたほうが良いでしょう。

 

 <にきびの保険外治療

最近新しいにきび外用薬がいくつか保険適応になり保険のにきび治療もやっと少し前進しましたが、

それでもなかなか難しいというのが現状です。

やはり保険外の施術を取り入れたほうが高い効果が早く見られます。

 

●毛穴詰まりとターンオーバーを改善する治療

・グリコール酸などを使用したケミカルピーリング

●皮脂分泌を抑えたり酸化を抑える薬剤や保湿を高めるヒアルロン酸を高浸透させる治療

・イオン導入   ・エレクトロポレーション

※エレクトロポレーションはイオン導入の20倍浸透しヒアルロン酸も浸透できるのが特徴です。

●熱の作用で菌を抑える

・光フェイシャル ・フォトRFアドバンス

 

にきび跡の治療

保険治療ではこれといった治療がありませんが、「瘢痕」や「赤み」に期待できるものがあります。

 

保険外では以下のような効果的でさらに肌がきれいになる治療を多々行っております。

●ターンオーバーを改善し赤みやシミを改善

・ケミカルピーリング

●メラニン抑制の薬剤を高浸透させ色素沈着を改善

・イオン導入   ・エレクトロポレーション ・ケミカルピーリング

●色に反応しシミ・赤みを改善

・光フェイシャル ・フォトRFアドバンス

●熱の作用で皮膚の再構築を行い凹凸クレーター、赤み、毛穴を改善

・eマトリックス  ・(症状が軽度であれば)光フェイシャルやフォトRFアドバンス

●細胞再生作用のある薬剤を直接肌に浸透または注射し凹凸や開いた毛穴を改善

・エレクトロポレーション ・水光注射

 

このような多々ある治療の中から、患者さんに合った治療、患者さんが継続できる治療を行っています。

[ 予約受付 ]TEL03-3580-6655
メールでのお問い合わせ
PAGE TOP