シワ・たるみ・小顔

<しわ・たるみ>その原因・・・

1

皮膚の乾燥

眼の下に細く横にはいるシワ

2

光老化(紫外線)によるコラーゲンやエラスチンの減少・変性

目元のカラスの足跡

3

加齢による皮下脂肪の萎縮や繰り返す筋肉運動による皮膚の弛み

額の横皺、眉間の縦皺、法令線

4

表情を作ったときにのみ現れるシワ

額の横皺、眉間の縦皺、目尻の皺

<しわ・たるみ>各治療方法・・・

①ハリのある皮膚に変える治療

  • a,熱作用で皮膚深部にダメージを与え、皮膚コラーゲンの再生を活性化させる。
    ・eMatrix(もっとも効果的)
    ・フォトRFリファーム
    ・フォトRFオーロラ
    ・MPLフォト
  • b,セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿効果のある外用剤の使用や内服
  • c,皮膚のターンオーバーを回復させる
    ・ケミカルピーリング
  • d,コラーゲンを増成させる成分を肌深部に浸透させる ・イオン導入(ビタミンC)

②シワ部分を注入物でうめ平坦にする治療

・ヒアルロン酸注入

③表情を作った時にシワが出ないようにする治療

ボトックス注射

<眼の下のクマ>その原因と治療方法・・・

健康な方でも寝不足や疲れた時などに見られる目の下のくま。

これは筋肉の血行が悪くなりうっ血が生じるため、
皮膚の薄い目の下の場合健康的なピンク色でなく青っぽく見えてくるため起こります。

元気なのに疲れた印象や老けた印象に見られがち・・・

原因 1. 目の下の血行が悪いうっ血状態    

eMatrix,Qヤグレーザー、フォトRFオーロラ、MPLによる高周波や光治療は皮膚のコラーゲンと血流を増加させます。

原因 2. 目の下が一般より薄い皮膚      

eMatrix,Qヤグレーザー、フォトRFオーロラ、MPLによる高周波や光治療は皮膚のコラーゲンと血流を増加させます。

ビタミンCによるイオン導入もコラーゲンを増やす作用あるので効果的です。

原因 3. シミなどの色素沈着   

目の下のシミ、老人性色素斑や雀卵斑(そばかす)はフォトRFオーロラアドバンスやMPL、Qスイッチヤグレーザーでとることが可能です。
後天性大田母斑用色素斑はQスイッチヤグ゙レーザーでとれますがIPLなどの光治療等ではとれません。

また、化粧品やメイク落とし剤、繰り返し擦る刺激による炎症性色素沈着のこともあります。
この場合は美白剤のルミキシル、ハイドロキノンが効果的。

原因 4. たるみやしわ、目袋すなわち脂肪の膨らみのためにできた影

eMatrix(もっとも効果的)、フォトRFオーロラが効果的です。

ビタミンCによるイオン導入も皮膚コラーゲンを増加させるため張りをもたらします。
ケースによってはヒアルロン酸注入をお勧めします。

目袋やたるみが高度の場合は外科手術適応となることがあります。

目の下のくまはいろいろな原因がありますが、
実際はいくつかの状態が複合的に存在していることが多く 診察のうえご自分のケースに最も適した治療が必要です。

[ 予約受付 ]TEL03-3580-6655
メールでのお問い合わせ
PAGE TOP