水光注射

水光注射

みずみずしく、つやつやと、そしてきらきらふっくらな肌。

韓国ではこのパールのような肌を「水光肌」と呼び、女優やモデル達が定期的に行っていることで人気となりました。

「水光肌」になるための施術が「水光注射」です。

 

「水光注射機」という美容医療器械があります。

極細針が数本、スタンプのように、肌に浅く均一に自動注射できる注射器です。

これを用い軟らかいヒアルロン酸を顔全体にまんべんに打つと、即効でふっくらとした「水光肌」となります。

 

ヒアルロン酸注射は法令線やシワに注射し溝を埋める美容施術ですが、

最近は溝には注射せず、頬に数箇所打ち周囲にヒアルロン酸でボリュームを出して引っ張ってシワや溝を浅くする施術方法が増えてきました。

 

このように自然な全体の印象と肌の質感を改善するのが「水光注射」です。

 当院では「vital injector」という水光注射機を使用します。

ヒアルロン酸+トラネキサム酸+ビタミンC

顔ほぼ半分1回 (ヒアルロン酸1mlとトラネキサム酸+ビタミンC使用)   ¥55,000

顔ほぼ全体1回 (ヒアルロン酸2mlとトラネキサム酸+ビタミンC使用)   ¥100,000

診察料別途、麻酔代込となります。

水光注射 治療の流れ

1
洗顔
2
麻酔30分(麻酔クリームを塗布します)
3
麻酔を落とし注射注入20分
●極細針の水光注射器を用い、「細かく」「全体に」「真皮内」に注射します。スタンプのような感じです。
●気になる部位の治療希望の場合は通常の注射器(極細針)で部分的に注射します。
4
シートマスク5分

 

水光注射機「vital injector」を使用した<水光注射 × 細胞再生と細胞活性> 治療も開始いたしました。 即効でふっくら感を出すヒアルロン酸ではなく、 「細胞再生効果」や「肌活性化作用のある製剤」「自己血液」を用い徐々に効果を上げていく治療です。

施術後の経過

赤み(施術直後~20分ほど)、小さな針跡(ニキビの赤み様3,4日間)、まれに皮下出血7日間

軽度の腫れ(数日間)軽いメイクは1時間後より可能です。

施術した夜はぬるま湯で洗顔し化粧水を塗布しておやすみ下さい。

6時間後よりフルメイクが可能です。

使用する薬剤・製剤の量について

使用する製剤・薬剤の量の目安は以下のとおりです。

 

・顔全体のハリをだしたい方は1回3cc

  顔全体に水光注射機を用い、特に気になる部位(法令線など)に通常の注射器を使用して少し追加します。

 

・両頬をふっくらしたい方は1回2cc

  両頬全体に水光注射機を用い、特に気になる部位(法令線など)に通常の注射器を使用して少し追加します。

 

・両目元のクマやシワ、眉間や額のシワが気になる方1回1~2cc

  気になる部分に水光注射機または通常の注射器を用いて行います。

 

使用する製剤・薬剤にもよりますが、2週間~4週間隔で2回~3回続けることでより効果が高まり維持期間も長くなります。

 

[ 予約受付 ]TEL03-3580-6655
メールでのお問い合わせ
PAGE TOP