レーザー(しみ)

レーザーでシミをとるとは?

  • Qスイッチヤグレーザーを使用します。
  • Qスイッチヤグレーザーのレーザー波長は黒い色素(しみの本体であるメラニン)に吸収されメラニンを持つ細胞を破壊します。
  • 顔のしみ、体(背中・デコルテ)のしみ、手の甲、口唇のしみを1個ずつとりたい場合に適しています。
  • フォトRFオーロラアドバンスやMPLフォトなどの光治療でも治療が可能です。
    この方法は一度に数個に照射し、シミをうすくします。レーザー治療が確実で効果的です。
    (ただし100% ではありません)
  • Qスイッチ装置つきですので、病変部のみ強力に照射され周囲の皮膚組織には  ほとんど障害を及ぼしません。
  • Qスイッチ装置がないレーザーの場合、皮膚へのダメージが大きくなり、シミ治療にはお勧めできません。

シミのレーザー治療の流れ

flow2

[ 予約受付 ]TEL03-3580-6655
メールでのお問い合わせ
PAGE TOP